マウス 分解

といっても大した事はやってないんですけどね。

ここ最近どうも右クリックの調子が変であることに気づき、マウスジェスチャでの入力ミスが目立つようになってきていた。
まだ買って半年しか経ってないし、これはきっとジェスチャソフトがおかしいんだ!と決め付けていたが、色々と試した結果そうではないらしい。

ググってみたら、こういった事例はよくあるようで簡単に直せるようなのでやってみました。



まず裏返してシールを剥がします(このシールを剥がすと補償がきかないとか何とか。自己責任でどうぞ)
Dsc_3622
たいていのマウスはこのシールを剥がせばネジが出てくるはずなのですが、ボクの使ってるELECOMのコレは残念ながらそのシールを剥がしてもネジはありませんでした。

このように、マウス自体の滑りをよくするために貼られているテープの下に隠れている事もあるようなので、これは事前に調べるか運に頼るしかなさそうです。
Img_0034


Dsc_3624
剥がしてネジを外したら分解完了( ・∀・)


今回はクリック部分を直したいので、こちらの黒い箱をナイフやマイナスドラーバーなどの薄い道具を使ってこじ開けます。
Dsc_3626
ちなみにホイールなどを分解・掃除したい場合は、バネなどの細かい部品をなくさないように注意しませう。


黒い箱の中はこのようになっています
Img_0029
仕組みはいたって単純です。
モールス信号のように、上の板に流れている電流が下の突起に触れることで反応するというもの。

つまり触ってないのにクリックが継続されてしまう場合などは、この板と突起のあいだを広げてやればいいのです。

あまり力を入れすぎると壊れてしまい元も子もないので慎重に。


軽くあいだを広げてやったらテストしてみて大丈夫そうなら蓋をし、ネジをとめて元に戻すだけです。

まぁこんなの買ってしまえば簡単に解決しますが、2,30分程度で済む作業なのでやってみては(*´・д・)

 

因みに絶好調です。

 

 

 

 

 

スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。